読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を渡るKAZUブログ

〜知識アウトプットブログ〜

成功する人の投資の学び方の違い

マインド、自己啓発

具体⇒抽象⇒具体を繰り返す。

具体的な事象から抽象的な概念を抽出して、それを理解する。

 

同じような具体的な事象が生じていても、抽象的な概念が異なっていれば、具体的な事象の結果が異なったものになってしまう。

 

集中力を格段に上げる方法。

やらなきゃいけないことなどが沢山頭の中にある状態(短期メモリの容量がいっぱい)だと、意識が分散してしまって、効率が悪くなってしまう。

短期メモリをより無くして、減らすようにすると、一つのことだけに集中することができるので、効率が良くなり、早く達成することが出来る。

 

なぜ初心者ほど勝てるのか

素直だから。

余計な情報を入れて、ドつぼにハマると、どんどん損をしてきてしまう。

そして、儲けたいという人間が多いため、勝ってくると人は金銭欲が出てくる。

 

振り返ってみると、そういった時に、今まで勉強してきたことと、全然違うトレードをしている。

 

同じ失敗を2度起こらないようにする考え方。

永遠に起こらないようにシステムや環境を構築することが重要。

 

FXトレードの再開時(少し期間が開いたときなど)だと、通貨ペアの動きなどの感覚が忘れてしまう時があったり、ルールを忘れたりしてしまうので、立ち上げ時は、いつもより10分の1くらいの取引量にしてみたりすると良い。

ただ、勝ちパターンは同じというような感じにする。

 

根本的な原因を取り除く。

それがすぐに取り除けない場合は、取引量を小さくすることで、マイナス側の振れ幅を小さくする。

取引回数を最小限に押さえて、確実に収益を上げる。

VTトレード

 

自分が今上手くいっているのであれば、しっかり今を分析して、確実に把握しておき、自分なりにセーブをしておく。

また上手くいかなくなってきたら、そのセーブポイントに戻れるようにしておく。

 

1つの手法を知るということは、その手法の本質を知るということ。

 

記憶しようとする作業=サボり。行動すること。使うこと。記憶しようなんてしなくていい。やれば記憶できる。

 

1分足をトレードしないと決めて、眺めていくことで、その通貨ごとのプライスアクションを客観的にみることができる。

 

比較対象を与えると、人はよく判断することができる。

通貨ペアを変えてうまくいく人もいる。

 

携帯よりもPCでみたほうが、広い視野で相場をみることができる。