読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を渡るKAZUブログ

〜知識アウトプットブログ〜

一目均衡表の投資戦略

一目で値の均衡状態がわかる指標。買い方と売り方の均衡が破れた方へ相場が動き、一目でそれがわかる。

 

基準線

過去26日間の最高値と最安値の単純平均で、相場の大勢方向を示す。保ち合い時はダマシも多いが、従えば値幅の大きな波動にタイミングよく、値幅の大きいとこで取れる確率が高い。

 

転換線

過去9日間の最高値と最安値の単純平均。

基準線より上に抜ければ買い(Gクロス)

逆は売り(Dクロス)

※基準線が上向きじゃないと好転にならない。同じように下向きにならないと、逆転にならない。

 

抵抗帯雲

先行スパン1と先行スパン2の間に抵抗帯雲をつくる。抜けたら完全な方向転換とされている。

雲の上の場合、相場が上昇と判断し、下にある場合は下降と判断する。

雲が厚い場合、過去の相場のしこり(過去の売買した人)の影響が強く重たいので、トレンド転換するために時間がかかる。薄いと転換しやすい。

 

遅行線

26日遅行させた線。買い売りのタイミングをみるのに使う。

遅行線が値を抜いている場合、26日間の過去の高値を抜いているためトレンドが強いと判断され好転(買い)、下回る場合(売り)を逆転とする。

 

波動について

相場の方向性を示す。価格水準や日柄の計算にも欠かせない。